アレルギーは免疫反応が自分の体に不利に働く病気。食物アレルギーや金属アレルギー、動物アレルギー、鼻炎、皮膚炎、結膜炎、花粉症等、現代では多くのアレルギーに関連した病気がある。その様なアレルギーの原因となっているのがハウスダストやダニ、ペットなどである。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アレルギーの原因
アレルギーとは免疫反応が自分の体にマイナスに働いてしまう病気です。
私たちの体には、体にとって異物であるもの(抗原またはアレルゲン)が体内に入った時、それに対抗する物質(抗体)を作って、抗原を排除するシステムが存在します。
このシステムの反応を抗原抗体反応とか免疫反応といいます。これらの反応は、
抗原に対して適切に機能すれば、「生体防御」ですが、しかし、過剰に反応し、
生体防御の範囲を逸脱した場合、アレルギーとなり過剰な反応を示すのです。

多くの人が異常な反応を示さない物質に対し、アレルギー体質の人は過剰に
異常な症状や反応を示してしまう特別な体質なのです。

アレルギーの原因をその症状・機構によってI~IV型の4つの型に分類されます。せまい
意味での「アレルギー」という場合、多くはI 型のアレルギー反応を指します。
I 型アレルギーは即時型で、抗原が作用して15分~12時間ぐらいの短時間で反応が
起きます。食物アレルギーは、このI 型アレルギーにあたる反応で、初めのアレルゲンの
侵入によって多量に作り出されたIgE抗体が、再度のアレルゲン侵入時に反応し、
その結果マスト細胞から化学伝達物質が放出されることで発症します。このように、
食物アレルギーは、事前に産生されたアレルゲンに反応するIgE抗体が、アレルゲンと
抗原抗体反応を生じることで起こります。
現在アレルギーというと、食物、金属、鼻炎、皮膚炎(アトピー)、紫斑病、結膜炎、
喘息など多くのアレルギーがあります。単に食物アレルギー一つとっても、卵、そば、
小麦、牛乳など多種にわたります。
厚労省が行った「保健福祉動向調査」では、何らかのアレルギー症状を
発症しているのは、約3人に1人という結果も出ています。
都内では80%を超える家庭で、アレルギー症状のある人が家族にいるという答えです。
さらに「アレルギーをまだ発症していないがアレルギー体質の人」もいるとすると現代では、日本人の過半数がアレルギー体質になっているとも考えられます。「自分はアレルギー体質だとは思っていなかった」ような人たちが次々と発症し、花粉症などは、右肩上がりに増え続けているのです。
かつては「アレルギー(体質)の原因」は主に「遺伝」の側面から考えられていました。
しかしあまりに急増で、それでは説明がつかない状況です。そこで特に戦後数十年の
間に日本に起こった生活習慣や環境によって、体質そのものが変化し始めていると指摘されています。
具体的には、食生活、住宅、公害、ストレスなど。しかし現段階では、明確なアレルギーの原因は解明されていません。

◇現代日本の主な三大アレルギー
・花粉症
・アトピー性皮膚炎
・気管支喘息

アレルギーで心配なのは「体質だから仕方ない」と治療を諦めてしまう人が多いと
いうことです。アレルギーという病気は新たな症状に進行することがあるという事があるので、根気強くアレルギー治療を続けることが大切です。
スポンサーサイト
ハウスダストアレルギー
ハウスダストアレルギーはアレルギー性疾患の原因として有名ですが、その実体は家庭のハウスダスト(塵)のことで繊維類や鉱物類、人や動物の皮垢、動物の毛、タバコの灰、細菌、カビ等が含まれています。そのハウスダストの中でも室内のチリダニがハウスダストアレルギーの主な原因であるということが分かっています。
室内のチリダニは人や動物のフケなどのハウスダストを栄養源としているので、ダニとハウスダストの予防対策は同じ意味を持っています。
日本でハウスダストアレルギーを起こす原因物質は主にヤケヒョウダニ・
コナヒョウダニ(学名)の2種がアレルギー性喘息、または一年中持続するアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の原因としてあげられます。名前が長いため、
「チリダニ」とも呼ばれています。
ハウスダストアレルギーの症状は、朝夕の鼻水、くしゃみ、そして夜間の鼻閉による口呼吸、口の渇きで目が覚める、寝られない等です。
また就寝時や夜明け、起床時の咳、喘鳴、呼吸苦なども併せて出現するケースが多くみられます。ハウスダストアレルギーの方、特に気管支喘息の方は、これまでの季節のアレルギー症状を思い出し、早めに耳鼻科やかかりつけ医を受診して鼻炎や喘息に対応されることをお勧めします。

梅雨の季節、冬季の温風の出る暖房器のある空間などは、特に家庭内におけるハウスダストアレルギー対策はとても重要です。
じめじめと湿気が高くて気温が25度前後の適温になると、ヒョウヒダニの繁殖に適した環境なのでハウスダスト濃度が上がります。ハウスダストアレルギーを持っている方は注意しないといけない時期です。
アレルギー予防対策の基本は花粉症と同じで抗原を回避する事ですが、ダニの場合には花粉と違って家の中ですから、ダニを減らすという事も重要になります。
殺虫剤でダニを殺してしも、ダニは死骸もフンも抗原性があるので解決策にはなりません。
ダニを減らすためには掃除をまめにするというのは勿論大切ですが、いくら掃除をしてもダニをゼロにすることは不可能なので、ダニが繁殖しにくい環境作りが大事です。
ダニの繁殖しにくい環境にするには、ダニの餌となるホコリのたまり易い環境を減らす事です。

◇ダニの繁殖しにくい環境つくりのポイント
 (=ハウスダストアレルギーの予防対策
・床は板張り(フローリング)にし、カーペットや絨毯は敷かない。
・ソファは革張りかビニール張りのものにし、布製のもは置かない。
・布団ではなくベッドにする。ベッドカバーや掛布団カバー、枕カバーは防ダニ素材のものにする。
・カーテンはやめてロールブラインドにする。
・寝室は空気清浄機を24時間使用し続ける。
・ホコリの出る場所に近づかない。大掃除や引越しなどは極力参加しない。
アレルギーの予防:花粉症と漢方
春先になると花粉症の症状を訴える方が急に多くなります。この花粉症の三大症状は、くしゃみ、鼻水、鼻ずまりで、人によっては、目の痒みや頭痛がみられます。

漢方薬で、花粉症の症状そのものが改善されるというメリットはもちろん、それ以外にも現在よく花粉症やアレルギー治療に使用されている抗アレルギー薬や、抗ヒスタミン剤に比べて、漢方薬には次のようなメリットがあります。

◇漢方薬服用のメリット◇
・漢方は眠くなる成分が入っていない
⇒漢方は車の運転時や仕事中など、気にせず使用できる
・副作用が少ない
⇒漢方は口が渇く、胃腸や肝臓の具合が悪くなるなどの症状が出にくい
・体質改善につながる
⇒漢方は手足の冷えが治ったなどの、他の症状緩和も期待できる
・漢方薬を飲み続けると薬の量が減る、もしくは必要なくなる 
⇒市販薬は、効かないと処方される量が増える場合もある
・手間がかからない
⇒点眼・点鼻薬などの併用、粘膜を焼くなどの花粉症治療の手間が漢方薬には少ない


漢方の世界では、花粉症とアレルギー性鼻炎を同じく解釈していますが、花粉症で
見られるような多量の透明な鼻水を、肺が冷えて生じたものと考え、反対に黄色の
鼻汁は肺に熱があるために起こったと考えます。花粉症の場合、一般的には
多量の透明な鼻水がでる場合が多く、それを肺寒の状態と考え、温肺補中の
漢方薬甘草乾姜湯を服用すれば、良い治療効果を得ることができます。
その他にも温肺法の方剤は、小青龍湯、麻黄附子細辛湯などがあります。
また、それぞれの症状にあわせて、食欲が無く、頭重、軟便がみられるときは
補気健脾の四君子湯、六君子湯を、長引いていて四肢が冷えるときは、補腎薬の
八味地黄丸、麦味地黄丸などの漢方を併用して服用されるのが適当です。

 
アレルギーの原因
アレルギーは免疫反応が自分の体に不利に働く病気。食物や金属、動物、鼻炎、皮膚炎、結膜炎、花粉症等、現代では多くのアレルギーに関連した病気がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。